ご挨拶

 みなさんは乗り物の模型というと何をイメージしますか。圧倒的に鉄道模型でしょう。その次が自動車か飛行機で、船は少数派です。その少ない船の模型でも、ほとんどが戦艦大和をはじめとする軍艦模型です。商船の模型はほとんどありません。このホームページでは、作者が紙で作った、その希少な商船模型を紹介します。ちなみにすべて縮尺200分の1です。   

 

お知らせ

作者の所属する商船模型同好会は、令和2年(2020年)3月1日(日)から4月12日(日)まで、横浜港山下公園近くに係留中の日本郵船「氷川丸」船内の旧3等食堂において作品展を開催することになりました。作者も数隻の模型船を展示する予定です。

早春の横浜にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。ご見学のあとは、中華街でランチというプランはいかがでしょうか。

(なお、申し訳ございませんが、作品展ご見学には氷川丸入場料が必要です。一般300円、65歳以上200円、小中高生100円です。)